スマホ上でデジタルギフトを贈る新サービス開始、第一弾は「ミスタードーナツカード」(凸版印刷/富士通FIP/ギフティ)

2016年11月22日22:27

凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)、ギフティの3社は、互いの持つシステムを連携し、スマートフォン上で贈り物ができる新サ ービス「デジタルギフト」の提供を 2016年11月下旬から本格的に開始すると発表した。

3社の連携による「デジタルギフト」サービスのイメージ

3社の連携による「デジタルギフト」サービスのイメージ

同システム連携により、凸版印刷と富士通FIPが提供するギフトカードやハウス電子マネーの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービス「サーバ管理型プリペイド ASPサ ービス」導入企業は、自社で発行するプリペイドカードを、ギフティが運用するデジタルギフトサービス「eGift System」 を通じて「デジタルギフト」として販売することが可能になる。

「サーバ管理型プリペイド ASP サービス」導入企業は、POSレジ改修や新規 端末の導入など大規模な設備投資を行うことなく、店頭でリアルタイム決済が可能な「デジタルギフト」を導入できる。また、カードの製造、発送コストをかけずに、「デジタルギフト」需要を取り込み、新たな顧客の店舗への誘導・獲得が可能となる。

同サービスの採用第1弾として、ダスキンが発行する「ミスタードーナツカード」の仕組みを利用したギフトチケットが、2016年11月15日から2017年3月15日までギフティが運営するカジュアルギフトサービス「giftee」で販売される。

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

富士通FIP

〒105-8668
東京都港区芝浦1-2-1
シーバンスN館

富士通エフ・アイ・ピーが提供するギフトカードサービスは、ギフトカードのみならず、ハウス電子マネーにもご活用頂けるSaaS型サービスです。導入サポートから残高管理、カード発行に至るまでワンストップでサービスを提供しており、国内最大級の実績ある高信頼サービスです。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop