インドネシアのBRIと提携しBRI-JCBカードの発行を開始(JCB)

2016年11月24日8:30

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、 インドネシアにて業務を行う子会社、PT. JCB International Indonesiaを主体者として、インドネシアの大手国営商業銀行バンク・ラクヤット(PT. Bank Rakyat Indonesia(Persero) Tbk:BRI)と、2017年春を目途に「BRI-JCB プラチナカード」の発行を開始すると発表した。 BRIとのカードの発行は、今回が初となる。

BRI-JCB プラチナカード券面デザイン

BRI-JCB プラチナカード券面デザイン

BRIは、1895年創業のインドネシア大手の国営商業銀行で、マイクロファイナンスや中小・零細企業向けのファイナンスを強みに国内最大級の支店網を有し、同国内で110万枚以上のクレジットカードを発行している。同BRI-JCBプラチナカードは、国内外の空港ラウンジが無料で利用できるほか、海外利用分のポイントが3倍になるなど、 海外渡航時の優待・サービスが充実したカードとなるそうだ。

今回の提携は、インドネシアにおいてJCBカードの会員基盤を拡大したいJCBと、国際カードブランドとの提携により、消費者へのサービスを拡充したいBRIの思いが一致し、 実現した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop