「JRタワー」の商業施設に電子マネー「WAON」「nanaco」を導入(札幌駅総合開発/三井住友カード)

2016年11月24日17:05

JR札幌駅に隣接する「JRタワー」を運営する札幌駅総合開発は、三井住友カードと協力し、電子マネー「WAON」「nanaco」による決済サービスについて、2016年12月1日よりJRタワーにある商業施設「アピア」「エスタ」「パセオ」「札幌ステラプレイス」の約600ショップ以上にて、取扱いを開始すると発表した。

これにより、JRタワーですでに導入されている、電子マネー「iD」、「QUICPay」、「楽天Edy」、「Kitaca」をはじめとした交通系電子マネーと合わせ、複数の電子マネーがJRタワーの商業施設で利用できるようになる。

また、同サービスの導入を記念し、12月1日から31日まで、「WAON」「nanaco」の利用でそれぞれのポイント(WAONポイント、nanacoポイント)がもれなく2倍になるキャンペーンも実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop