店頭、ネット、紙のクレジットカード支払受付業務をトータルサポート(NTTデータ)

2010年9月14日17:40

NTTデータは9月21日から、保険会社、公共料金系収納機関、スポーツクラブ、eコマース事業者などの企業や自治体(収納機関)向けに、カード決済端末、インターネット、紙の申込書などで行う、毎月のクレジットカード払いの受付を取りまとめるサービスを提供すると発表した。

これまで収納機関では、カード会社との契約に基づき、「カード支払受付チェック業務」「売上データ作成、送信業務」「カード有効性チェック業務」の3業務に対応する必要があったが、NTTデータの新しいサービスを利用することで、自前でシステムを構築するよりも初期費用を抑制し、短期間で決済システムを構築することが可能になるという。具体的には、店頭での受付に対応するカード決済端末「INFOX」、ネット経由の受付に対応する「BlueGate」、紙の申込書に対応する「クレジット収納代行サービス」の連携を実施。さらに受付を終えたカード情報をNTTデータが預かることで、収納機関でのカード情報の保有にかかるセキュリティリスクも低減している。

カード支払受付処理サービスは、各カード会社にクレジットカード情報の有効性を確認、有効性に問題がない場合は同社データベースにカード情報を登録する。店舗(対面取引)、インターネット(非対面オンライン取引)、申込書など(非対面オフライン取引)のさまざまな取引形態から取得したクレジットカード情報をセキュアに保持するという。売上処理サービスは、毎月の請求料金に関するデータ処理を行う。同社で各種編集、処理を実施後、カード会社向けのフォーマットに変換し、各カード会社に売上データを送信する。またその処理結果を収納機関に還元する。有効性チェック処理サービスはユーザーから預かったクレジットカード情報を毎月1回、カード会社へ送信、カード会社からの還元された情報を同社データベースで自動更新する。

page toppagetop