手話・筆談でのお問合せ受付サービスを改定(三井住友カード)

2016年12月2日9:30

三井住友カードとプラスヴォイスは業務提携し、2015年4月より提供していた聴覚障害のある人などからの手話・筆談での問合せサービスである「会員専用代理電話サービス」を改定し、「三井住友カード 手話・筆談サービス」として、2016年12月1日より提供開始すると発表した。

サービススキーム図

サービススキーム図

今回、開始する「三井住友カード 手話・筆談サービス」は、新規入会に関する問合せ等、会員以外も利用可能としたことに加え、従来は必要だった事前手続き(書類提出)を不要にするなど、利便性を向上させたという。

具体的には、プラスヴォイスのオペレーターが利用者から三井住友カードへの問合せ等をビデオ通話(Skype、FaceTime、LINE)により、手話や筆談で受け付け、その内容を三井住友カードのコールセンターのオペレーターに音声電話によりリアルタイムに通訳する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop