2015米国ギフトカード利用実態(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月5日9:00

もしあなたがショップで10ドルのリウォーズを提示されたら、つぎのうち何を選ぶだろうか。10ドルのギフトカード、10ドルの割引クーポン、10ドルのボーナス商品券。

 

米国人を対象にしたギフトカード調査を実施したのはファーストデータ。結果は、ギフトカードを選ぶと回答した人が64%で最も多かった。ついで割引クーポンが16%、ボーナス商品券は9%だった。この質問の回答者数は2,385人。

 

ギフトカードで伸びているのはプラスチックではなく、バーチャルカード。プラスチックカードを前年より多く買うという人は25%だったが、バーチャルカードは41%と多かった。

 

バーチャルカードはモバイルアプリに登録して使うケースが多い。2014年は58%がそういう使い方をしていたが、2015年は64%に増えている。最もよく利用されるアプリはGyftである。

 

ギフトとしてではなく自己利用としてバーチャルカードを購入する人も増えている。2013年は20%だったが、2014年には40%になり、2015年には45%に増加した。

 

ギフトカードはバーチャルでモバイルと連携し、利用方法と利用範囲が拡大している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop