インバウンドはモバイル決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月6日9:00

ミレニアルズは2016年のホリデーシーズンの海外旅行でどんな決済を使うのだろうか。英国のDCCフォーラムが調査した。

 

最低限の現金しかもっていかないと回答した人は35%だった。事前に外貨をもっていくという人は63%。多くの現金をもち歩くことに不安を感じている人は51%だった。

 

海外旅行中に少なくとも1回はApple PayかAndroid Payを使うと回答した人は5%だった。20人に1人という数字は決して多くはないが、モバイル決済の利便性に慣れた人がこれだけいるということは一考に値する。

 

2020年の東京オリンピックまでには、モバイル決済を利用する外国人旅行者の比率はもっと増えるだろう。そうなれば、フェリカだけでなく、タイプABのNFCを受付けるマーチャントの開拓が必須となる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop