2017年春に函館市電、函館バスでnimocaサービス開始(ニモカ)

2016年12月6日20:44

ニモカは、函館市企業局が運行する路面電車、および函館バスが運行する路線バスにおいて、交通系ICカード「nimoca」のサービスを2017年春から開始する。函館市電・函館バスへのnimoca導入は、同社として初の九州外でのサービス展開となる。

今回のサービス開始に併せて、函館地区オリジナルカード「ICAS nimoca(イカすニモカ)」を発行し、函館市電、函館バスの車内および現地の nimoca 取扱い窓口で発売する。

ICAS はIntelligent Card Systemの頭文字をとったもの。デザインは北海道の南西部に位置する半島、「渡島半島」をイメージして視覚的にデザイン したもの。

ICAS はIntelligent Card Systemの頭文字をとったもの。デザインは北海道の南西部に位置する半島、「渡島半島」をイメージして視覚的にデザインしたもの

なお、「nimoca」は2016年10月に発行枚数が300万枚を突破している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop