アマゾンが金融機関にAWS拡販(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月12日9:00

金融機関のクラウド利用が拡大しているのを受け、アマゾンはクラウドサービスAWSの導入パートナーを指名した。アクセンチュア、ナイスシステムズ、そしてムーブンなどである。

 

これらのITベンダーは、金融機関がAWSを利用する際、専門的なアドバイスと導入を支援する。バンキングや決済、投資、保険などの領域ではそれぞれ専門性が問われる。それをサポートするのが導入パートナーである。

 

導入パートナーはマーケティング資料や会社概要にAWSのロゴをつけ、AWSの利用実績を紹介したり、監査を実施したりする。パートナーはリスクマネジメント、コアシステム、データマネジメント、コンサルティングのエリアに分けられている。

 

前述のITベンダー以外に、リスクマネジメントのファイコ(Fico)や非接触技術のキャリプソ(Calypso)、クラウドバンキングのマンブ(Mambu)、データマネジメントのIHS Markit、コンサルティングのCapgemini、Infosysなどもパートナーに指名された。AWSを利用している金融機関はBBVA、DBS、DTCCなど。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop