Apple Pay最新日米利用状況(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月16日9:00

Apple Payが米国でスタートしたのが2014年10月。それから2年。日本にもやっと上陸したが、米国での状況はどうか。

 

米国でのApple Pay利用場所は2016年末時点で約400万件。米国小売店の35%で利用できるようになった。

 

スタート時に利用できる場所は十数万件だったから、この2年の成果は大きい。全米リアルでのカード受付マーチャント数は約1,000万件といわれている。そのうちの主要マーチャントを獲得したようだ。

 

日本のApple Pay利用者は、12月初旬で100万人を超えているという。スタートからSuicaと手を組んだのは偉かった。交通機関でApple Payを利用する人はリピーターになる。

 

アップルは2017年、日本の小売りカバレッジを35%にまでもっていく計画だ。現在ギャップなどと交渉中とか。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop