ロシア中央銀行をハッキング(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月18日9:00

ロシア中央銀行がハッカーの標的にされた。中央銀行の発表によると、20億ルーブル強(32億円強)が代理口座から盗まれたという。

 

ハッカーは50億ルーブルを盗もうとしていたが、結局20億ルーブルしか盗れなかった。

 

それでも中央銀行へハッキングできたということは怖い。一国の経済を左右しかねないからだ。もし日銀がハッキングされたとしたら、どうだろう。

 

手口は銀行間国際送金ネットワークのSwift経由で、偽の認証を使って口座にアクセスしたようだ。Swift経由のハッキング事例は他にもある。バングラデシュ中央銀行からの8,100万ドルのハッキングでだ。

 

ロシアは国外のハッカーがロシアの銀行システムを破壊しようとしているとして抗議している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop