顔認証技術を活用した決済サービスの実証実験を実施(NEC/SMFG/SMBC/三井住友カード)

2016年12月12日16:30

日本電気(NEC)と、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、三井住友銀行(SMBC)、三井住友カードは、SMBC本店・東館の社員食堂及び三井住友カード東京本社において顔認証を活用した決済サービスの実証実験を実施すると発表した。

利用イメージ(三井住友カード)

利用イメージ(三井住友カード)

SMBCの実験期間は、2016年12月12日から2017年1月30日まで、対象者は、SMBCの本店・東館に勤務する社員約1,000名。また、三井住友カードの実験期間は2016年11月21日から2017年1月31日まで、対象者は三井住友カードの東京本社に勤務する社員約400名となる。

今回の実証実験では、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用し、事前に撮影・登録した社員の顔画像と、食堂に設置したカメラで撮影する顔画像を照合して本人確認を行う。NEC、SMBC、三井住友カードでは、同実証実験において認証性能や利用者の生体認証に対する受容性、運用負荷等システム・運用面の確認を行い、実店舗での顔認証を活用した手ぶらでの新たな決済サービスの提供を見据えた経験・ノウハウの蓄積を図る。

具体的な流れとして、まず参加者の「氏名」「生体情報(数値化された顔情報)」等をシステムに登録する。その後、食堂に設置されたカメラで顔認証を行うが、SMBCでは、顔認証に加え、社員証を専用リーダーへかざすことで資金精算を実施する。一方、三井住友カードでは、顔認証のみで資金精算を行う。利用情報に関しては、給与システムに連携し、給与天引きで精算するという。

上がSMBC、下が三井住友カードの利用フロー

上がSMBC、下が三井住友カードの利用フロー

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop