東急百貨店に外貨建てカード決済サービスを導入、POSを活用(三井住友カード)

2016年12月15日18:32

三井住友カードは、東急百貨店と提携し、「外貨建てカード決済サービス」を、東急百貨店の東横店・本店の一部の売場に導入した。

20161215smcc

「外貨建てカード決済サービス」により、クレジットカードで決済する外国人の利用者は、「自国通貨建て」か「円建て」を選択可能だ。「自国通貨建て」でのカード決済を選択した場合、外国人の利用者は取引時に支払い金額を確定させることができるため、為替リスクを気にせずに買い物することができる。

なお、これまで加盟店が外貨建てカード決済サービスを導入する場合、クレジットカード会社が提供する決済専用端末を設置する必要があったが、今回は加盟店が販売管理等の目的で導入するPOS端末を活用し、外貨建てカード決済サービスを提供できるようにした国内で初めての事例となった。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop