インド政府デジタル決済に助成金(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月26日9:00

インド政府が1,000ルピーと500ルピーの2種類の高額紙幣を廃止して以来、市場の現金不足が問題になっている。この2種類の通貨だけで、現金流通の86%を占めているからだ。

 

そこでインド政府は、現金を使わないデジタル決済を助成する計画を発表した。

 

オンラインの少額決済にかかる税金を免除。オンラインでの保険料、鉄道切符、高速道路通行料支払いについては10%引き下げる。

 

オンラインだけでなく、ガソリンスタンドでのカード支払いは0.75%割引となる。これは年間2兆ルピーに相当する。

 

インド政府は高額紙幣の廃止を機に、キャッシュレスへの移行を加速させている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop