県立広島大学学生証を活用して庄原市街地のにぎわい創出に協力(広島銀行)

2016年12月21日21:44

公立大学法人県立広島大学、庄原市、広島銀行は、2016年12月9日、地域電子マネー「HIROCA(ヒロカ)」機能等を搭載する、県立広島大学学生証を活用して庄原市街地のにぎわい創出に協力するという取り組みについて基本合意したと発表した。

県立広島大学学生証デザイン(表面、裏面)

県立広島大学学生証デザイン(表面、裏面)

県立広島大学学生証は、①学生の出欠状況の正確な記録等が可能(学生証機能)、②地域電子マネー「HIROCA」等の機能を搭載(電子マネー機能)、③県立広島大学カード会員専用WEBページへのアクセスが可能(カード会員機能)――といった特徴がある。

サービス開始は2017年春頃を予定。学生が庄原市内の「HIROCA」加盟店(約10店舗、順次拡大予定)において、お得な特典の享受を可能とすることで、庄原市街のにぎわい創出につなげていくそうだ。

なお、ベースとなった協定・契約は、県立広島大学と広島銀行における「産学連携に関する協定」(2005年 10 月)、県立広島大学と庄原市における「包括的連携・協力に関する協定」(2006年3月)、庄原市と広島銀行における「地方創生に係る包括連携協定」(2016年8月)となっている。

page toppagetop