ジェーシービーと提携し、「みずほJCBデビット」取扱開始(みずほ銀行)

2016年12月27日21:48

みずほ銀行は、ジェーシービー(JCB)と提携し、「みずほ JCBデビット」の取り扱いを開始すると発表した。同行WEB サイト、およびカンタン口座開設アプリでの申込受付を 2016年12月26日よりスタートし、店頭での申込受付を2017年1月4日より開始すると発表した。

左から《ブルーアーク》 《ホワイトアーク》

左から《ブルーアーク》 《ホワイトアーク》

「みずほ JCB デビット」は、国内外やインターネット上における JCB 加盟店(約3,100万件)でのショッピングに利用可能で、カード利用時に口座から即時に利用代金が決済される。年会費は、1,080 円(税込/初年度無料)となるが、2 年目以降、23歳以下の利用者、もしくはみずほ JCB デビットを年1回以上利用した人のいずれかは次年度の年会費も無料となる。

カードの券面は、「ブルーアーク」「ホワイトアーク」から選択できる。また、利用金額の 0.2%を毎月自動でキャッシュバックする。また、カード利用に応じて、ATM 時間外手数料無料の特典等が受けられる。

さらに、会員専用 Web サービス「MyJCB(マイジェーシービー)」にて、利用限度額や、カード利用時のメール通知機能を設定できる。ショッピング保険や旅行傷害保険も付帯している。

みずほ銀行は、JCB と連携し、日本における「デビット」取引の拡大を始め、同行ATM における海外発行JCBカードの取り扱いによる訪日外国人の利便性向上や、カード加盟店インフラの拡大等にも取り組むという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop