南ア銀行が買収したフィンテック(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年12月27日22:00

南アフリカ最大の銀行スタンダードバンク(Standard Bank)は、フィンテックベンチャーのファイアペイ(FirePay)を買収した。

 

ファイアペイはモバイル決済でスナップスキャン(SnapScan)というソリューションを提供している。

 

ファイアペイは2013年の創業。2014年にスタンダードバンクと提携し、SnapScanをスタートさせている。SnapScanはQRコードをベースにしたモバイル決済だ。

 

現在南アでのSnapScan受付マーチャント数は32,000。これはオンラインと実店舗の合計である。ファイアペイは決済代行業者で、SnapScanだけでなく、WeChatやMasterPassもマーチャントに提供している。

 

スタンダードバンクはファイアペイの買収で、フィンテック領域を拡大。ユニバーサルバンクをめざす計画だ。国際展開にはほとんど全てのモバイルで使えるQR決済が便利だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop