ロンドンパブで非接触ビールを飲もう(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月3日23:37

ロンドンピカデリーのヘンリーズ・カフェバーで、セルフサービスのビアポンプがスタートした。

 

タッチスクリーンでビールを注文し、支払いは非接触決済。非接触カードやApple Payなどで支払える。

 

その後、ビアグラスをポンプに置くと、ビールが注がれるというプロセスだ。まだテスト段階だが、現金のやり取りがなく、スピード決済できるのでビールファンには喜ばれるだろう。

 

この非接触ポンプを設計したのはバークレイカード。ネーミングはThe Pay @ Pump。ポンプで支払いというわかりやすいものにした。

 

バークレイカードは、英国人の調査から28%がパブやバーの支払いを望んでいることがわかった。さらに、約19%の消費者はパブやバーに非接触のビアポンプの導入を希望していた。

 

The Pay @ Pumpは、イベントやコンサート会場での導入も検討中。2017年ハイドパークで行われるイベントにも登場する予定だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop