2017年インドモバイル決済が躍進する(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月9日9:00

インドで利用が急速に拡大しているモバイル決済。なかでもPaytmの躍進は凄まじい。

 

インド政府の高額紙幣廃止で、一気にキャッシュレス決済のリーダーに躍り出た。1日のトランザクション件数は700万件を超え、取扱高は20億円を超えるまでになっている。

 

しかしPaytmは頭の痛い問題を抱えている。それはペイパルからのクレームだ。11月、ペイパルは商標権侵害としてPaytmに通告した。

 

2つのロゴを比較すると、ブランド名とブランドカラーが酷似している。Paytmのアクセプタンスマークがインド中に広がると、ペイパルのブランドが霞んでしまう。

 

ペイパルがクレームを入れるほど、Paytmがインドで大きな勢力になっているということ。2017年は中国勢とともにインドのモバイル決済にも注目だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop