米国でデビットが強い(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月11日15:15

年の瀬も押し詰まった2016年12月22日、FRBカンザスは2012年から2015年までの非現金決済の動向をまとめたレポートを発表した。

 

非現金決済の種類はカード、小切手、ACH(口座引落、口座送金)。この中最もでよく使われる決済手段はカードだった。非現金決済の3分の2を占めている。

 

2015年の非現金決済件数は1,440億件。額にすると178兆ドルになった。

 

2012年から2015年までにトランザクション件数で最も伸びたのはデビットカードで124億件増えた。クレジットカードは69億件、プリペイドカードは10億件弱だった。

 

日本ではなかなか利用が伸びないデビットカードだが、米国では最も生活に密着したカードとしてよく利用されている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop