ワーゲンがモバイル決済を買収(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月13日9:00

2016年販売台数でトップに返り咲いたフォルクスワーゲン。世界戦略には車の販売だけでなく、車での新しい体験が欠かせないとみたようだ。

 

ワーゲンは2016年12月、モバイル決済のペイバイフォン(PayByPhone)を買収。ペイバイフォンは北米で駐車場の支払いサービスを提供している。

 

ペイバイフォンの本拠地はバンクーバー。取扱高は2.5億ドルを超えるとみられている。日本円にして300億円弱。駐車代とはいえ、結構大きな取扱高になっている。

 

ペイバイフォンはワーゲンの金融子会社フォルクスワーゲンフィナンシャルサービスの傘下に入る。買収金額は明らかにされていない。

 

ワーゲンは2017年1月からライドシェアリングのモイア(Moia)を立ち上げる。このユニットはアウディやポルシェと同格となる予定。今後ライドシェアリングの市場が伸びるとみているからだ。

 

ワーゲンは2016年、ドイツのモバイル駐車場決済のサンヒル(Sunhill Technoloties)も買収している。ペイバイフォンの買収で、顧客基盤を1,250万人に拡大。ロンドン、パリ、サンフランシスコ、ボストン、シアトルの駐車場支払いが可能になる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop