「クレジットカード利用実態調査」の結果を公表(イプソス)

2017年1月11日20:44

グローバル市場調査会社のイプソスは、日本のクレジットカードの利用実態を明らかにするべく18万5,000人にオンラインアンケートを実施し、その結果を公表した(調査結果)。

その結果、調査対象者の81%は、過去6カ月以内にクレジットカードを1枚以上利用した。また、クレジットカード利用者のうち42%は、1枚のカードのみを利用している。

国際ブランド別シェアは、Visaが50%超、次いでJCB、Mastercardの順であった。クレジットカードのグレードごとに国際ブランドシェアを見ると、プラチナカードではアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブ、銀聯のシェアが高くなる傾向にある。

さらに、高年収ほど利用クレジットカード枚数が多く、ゴールドカード、プラチナカードの利用率が高い。利用した場所では、ネットショッピング・通販(クレジットカード保有者の67.4%)、スーパーマーケット(47.7%)が多くなっている。

さらに、ポイントサービスの中で最も利用が多かったのがTポイント(70%)となり、次いで楽天スーパーポイント(57%)、Ponta(44%)の順となったそうだ。

page toppagetop