Visaデビットカード新TV-CMを全国で放映開始、発行は15行まで拡大

2017年1月13日8:03

ビザ・ワールドワイド(Visa)は、2017年1月14日から、Visaデビットカードの認知向上と理解促進を通じ利用者を拡大することを目的に、女優の上戸彩さんを引き続きCMキャラクターに起用し、新TV-CMを全国で放映開始する。2016年1月12日には、ザ・リッツ・カールトン東京(東京都港区)にて「Visaデビットカード 新CM発表会」を開催した。

CMキャラクターの上戸彩さん

2017年も数行が発行開始予定

「Visaデビットカード 新CM発表会」では、まずビザ・ワールドワイド・ジャパン デビット事業統括部長コナー・リンチ氏がVisaデビットカードの現状について紹介した。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン デビット事業統括部長コナー・リンチ氏

Visaデビットは、2016年に国内での発行開始から10周年を迎えた(2006年からスルガ銀行が発行開始)。Visaデビットは現在、スルガ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行、あおぞら銀行、埼玉りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、近畿大阪銀行、イオン銀行、琉球銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、北國銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行の15行が発行しており、2017年は数行が発行開始となる予定だ。

コナー・リンチ氏は、「デビットカードは日本の消費者に向いており、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ファミリーレストラン、オンラインショッピングで日常的に使用されています。ここ数年で購入、利用金額、利用残高は77%増加しています」と説明する。Visaでは、現金決済を電子決済に置き換える上で、Visaデビットは必要不可欠であると考え、海外の経験を元に日本の消費者が求めるサービスを提供していきたいとした。

新コンセプトは「残高見える、安心見える」

当日は、CMキャラクターの女優の上戸彩さんが登場。同CMに起用されて3年目を迎えたが、Visaカラーの黄色のドレスを身に纏い登場し、ショートカットをお披露目した。新CMでは、カフェやコンビニエンスストアの店員を演じたが、「アルバイトの経験がないので、夢が叶った感じでした」と声を弾ませた。

また、「カフェやコンビニでも使用できる」「使用するとお知らせメールが届く」「海外で使用できる」「ネットショッピングで使用できる」というVisaデビットカードに関するクイズに挑戦。見事4問すべてに正解した。

クイズは全問正解。上戸さんも深夜のネットショッピングをポチポチ楽しんでいるそうだ

上戸さんは、1997年に「全日本国民的美少女コンテスト」を受賞してから20周年の節目の年となる。同カードの新コンセプトは「残高見える、安心見える」だが、20歳までの夢は保育士であり、当時は現在活躍する姿が見えていなかったそうだ。

上戸さんは、「このCMを通して、皆さんにもVisaデビットカードに興味を持っていただき、多くの方に使っていただきたいです」と笑顔で語った。

なお、Visaでは、1月12日~1月26日まで、「残高見える 安心見える」を身近に感じてもらうことを目的に、「見える化」キャンペーンを実施している。TwitterでVisa公式アカウント「@VisaJP」をフォローし、 見られないけれど、見たいものをハッシュタグ#Visaデビットをつけて投稿すると、上戸彩さんサイン入りエプロンと「見える化」グッズをプレゼント(1名)するキャンペーンとなっている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop