国内外で利用可能な国際ブランド付きプリペイドカードを日本の銀行業界で初めて発行(楽天銀行)

2017年1月16日21:13

楽天銀行は、ジェーシービー(JCB)と提携し、2017年1月16日より楽天銀行プリペイドカード(JCB)の発行を開始すると発表した。なお、楽天銀行プリペイドカード(JCB)は、日本の銀行が発行する初の国内外で利用可能なプリペイドカードとなる。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)の券面デザイン

年会費は永年無料、発行手数料も無料。バリューを繰り返しチャージし、残高の範囲内で利用できるプリペイドカードとなる。16歳以上の楽天銀行の個人普通預金口座保有者が申し込みでき、国内および海外のJCB加盟店(インターネット上でのオンラインショップを含む)で利用可能だ。

楽天銀行口座からチャージするたびに、チャージ金額に応じたプレミアムバリューが付く。具体的には、1回のチャージ金額が5,000円以上9,999円以下で25円分、1万円以上2万9,999円以下で70円分、3万円以上4万9,999円以下で240円分、5万円以上で500円分を付与する。ただし、楽天銀行プリペイドカードのご利用時に楽天スーパーポイントは貯まらない。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)は、1,000円以上30万円まで1円単位でチャージが可能だ。あらかじめ利用したい分だけをチャージしたり、1日の利用限度額を設定することができる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop