加盟店向けのWEBサイト「加盟店インターネットサービス」をリニューアル(三井住友カード)

2017年1月17日12:06

三井住友カードは、2017年1月16日、加盟店向けのWEBサイト「加盟店インターネットサービス」をリニューアルしたと発表した。

三井住友カードでは、加盟店向けに、毎月の振込金額の照会や売上票などの用度品のオンライン注文ができる「加盟店インターネットサービス」を提供している。今回、加盟店がより見やすく、わかりやすいサイトを目指し、サイトデザインを一新するとともに、「代表加盟店おまとめサービス」などの新たな機能を追加する。

「代表加盟店おまとめサービス」の登録前と登録後

業種の異なる店舗がある、または振込口座が異なる等で、複数の加盟店契約を持つ場合、従来は契約加盟店ごとにID・パスワードがあり、都度ログインする必要があった。今回、機能追加した「代表加盟店おまとめサービス」では、1つのID・パスワードで、指定した複数の加盟店をまとめて照会・操作することが可能だ。また、従来は契約加盟店ごとに配信されていた振込金額通知メールも、一通にまとめることができる。

また、三井住友カードのインターネットサービス「Vpass」全体のデザインを統一した。カテゴリ区分、サイドメニュー、フッターメニューなどナビゲーション機能を見直し、目的に早く到達できるサイト構成や操作性を意識している。

サイトリニューアルに伴い、加盟店からの要望が寄せられていたID・パスワードの桁数を最大20桁まで拡張した。IDは従来の8~16桁から8~20桁に、パスワードは従来の6~8桁から6~20桁に変更となり、セキュリティをより強化することができるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop