無印良品で中国のオンライン決済サービス「Alipay」導入(良品計画)

2017年1月18日18:55

良品計画は、無印良品での新たな決済手段として、中国のオンライン決済サービス「Alipay(支付宝:アリペイ)」を2017年1月25日より導入すると発表した。対応店舗は全国の無印良品 288店舗。

Alipayは、2004年にアリババグループによって設立された世界最大規模の決済プラットフォーム。EC事業者向けのオンライン決済や、リアル店舗向けの対面決済をはじめ、スマートフォンをベースとした各種生活サービス、資産運用商品も展開している。中国国内では80万以上の加盟店をはじめ、海外でも70を超える国・地域の8万以上の加盟店で利用されている。中国国内の本人認証済ユーザー数は4.5億人を超えている。

良品計画では、2015年4月より、外国人旅行客のショッピングの利便性向上を目指し、インバウンド需要の高い店舗にて免税対応を開始している。今回、その中でも大きな割合を占める訪日中国人の利便性向上のため、新たな決済手段としてのAlipayを一部店舗で導入する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop