「クラウド型 出張・経費管理業務BPOサービス」を提供(西日本FH/NTTデータスマートソーシング/コンカー)

2017年1月23日21:32

西日本フィナンシャルホールディングス(西日本FH)は金融機関として初めて、NTTデータ スマートソーシングとコンカーが提供する「クラウド型 出張・経費管理業務BPOサービス」(Concur+BPO)を2017年1月20日より提供を開始すると発表した。

西日本FHグループでは、西日本シティ銀行が同サービスの利用を通じて企業の出張・経費管理業務の改善を含めた経営コンサルティングを行い、九州カードが同サービス利用企業にコーポレートカードの提案を行う。

NTTデータグループとコンカーは、西日本FHとの連携による九州エリアでのサービス提供を通じて、地方企業における各サービスへのニーズの収集とそれを通じたサービス拡充を目指し、全国規模でのビジネス拡大に向けた取り組みを進めていく。

今後は、各社共同で営業活動、およびマーケティング活動を展開し、九州地方の大手企業を中心に今後3年間で100社(初年度20社)の受注を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop