日本交通が「Origami Pay」「Alipay」 決済を導入(Origami/日本交通/JapanTaxi)

2017年1月24日18:33

Origamiと日本交通、そのグループ会社であるJapanTaxiは、2017年1月27日から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシーに設置されているIoT(Internet of Things)型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を活用し、スマホ決済サービス「Origami Pay」(オリガミペイ)および中国最大手の電子決済サービス「Alipay」(アリペイ)をタクシー運賃支払い方法として共同で提供すると発表した。

東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通約3,500台より提供を開始し、今後は全国のタクシー5万台の車両への展開を進めていく。

なお、2017年1月27日~2017年3月31日の期間、「Origami Pay」が導入されたタクシー車両にて、「Origami Pay」を利用してタクシー乗車料金を支払うと、その場でOrigamiより乗車料金の10%分を優待するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop