BMWシェアリングに4万人(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月26日9:00

BMWが米国で進めているカーシェアリングサービスが好調だ。1月現在で4万人が契約した。利用可能なエリアはシアトル、ポートランド、オレゴン、ブルックリンだ。

 

対象としているエリアは、都会で駐車スペースが少なく、自家所有が難しいところ。カーシェアリングなら毎回の利用料だけですむ。車種はBMWの電気自動車や3シリーズ、ミニクーパーである。

 

運転するのも面倒だ、という人向けには運転手もつける。ただし価格はウーバーやリフトよりも高くなる。将来的には自動運転乗車もスタートする予定。シアトルでは自動運転車の実験をはじめている。

 

BMWのカーシェアリングサービスの名称は「ReachNow」である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop