インテルのRRPがショップを変える(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月28日9:00

チップメーカーのインテルが小売のデジタル革命に参戦する。ソリューション名はRRP(Responsive Retail Platform)。今後5年間で小売業界に1億ドルの投資計画を発表した。

 

RRPはショップ内のいろいろなエリアをIoTで連携し、ショップの生産性を高められるソリューション。一カ所に設置すれば、店舗内のハードやソフト、センサー、APIなどを連携できる。

 

プラットフォームの核になるのは、RFID機能をもつ低電力の統合センサー。他社のセンサーとも連携できるのが特徴だ。

 

センサーが店内の商品在庫を追跡し、店内活動と顧客志向性を補足するデータを生成する。RRPはオープンソースの分析プラットフォームを提供。他社ベンダーのソフトをプラットフォーム上で使うことも可能だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop