インドで銀行とフィンテックが激突(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年1月30日9:00

インドのICIC銀行は、モバイル決済フィンテックのフォーンペ(PhonePe)のトランザクションをブロックした。ICIC銀行の口座顧客はフォーンペが使えなくなる。

 

フォーンペはインド中央銀行が運営するモバイル送金決済のUPI(Unified Payment Interface)を使ったサービス。UPIのパートナー銀行のひとつイエスバンク(Yes Bank Ltd.)と提携している。

 

が、ICIC銀行からはブロックされてしまった。それだけ銀行にとってフィンテックのモバイル決済が脅威になっている。

 

インドでは高額紙幣の廃止でキャッシュレス決済が急上昇。この機を捉えたモバイル決済のPaytmは飛躍的な伸びとなっている。これに危機感を覚えたステートバンクオブインディア(State Bank of India)は、口座顧客がPaytmのウォレットへチャージできないようブロックした。

 

ブロックの理由はセキュリティの懸念としているが、実際はフィンテックに顧客をとられることを恐れている。フォーンペはUPIのガイドラインに沿ったセキュリティを確保しているとコメントしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop