NTTドコモ、Apple Payの開始により「iD」の利用はさらに好調に推移

2017年1月30日8:00

「dカード」の新規獲得は昨年対比で大幅増の見込み

2005年12月からサービスを開始したNTTドコモの「iD」の注目度が「Apple Pay」の開始により高まっている。今回はドコモがイシュアとして展開するクレジットカード「dカード」の現状もあわせて話を聞いた。

「iD」は「ソフトバンクカード」への採用などドコモ携帯利用者以外も増加
ITリテラシーの低い人など、幅広い人々の利用に期待

NTTドコモの「iD」の会員数は2,357万人(2016年12月末現在)、加盟店に設置された決済端末は67.9万台となっている(2016年12月時点)。ドコモの発行するdカードで実施しているローソンやマクドナルドでの高還元率施策等の効果もあり、iDの会員数は引き続き順調に拡大しているが、Apple Pay開始後はさらに好調に推移しているという。また、iD会員数の拡大が続いており、取扱高も順調に伸びているそうだ。

左からNTTドコモ スマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部 ビジネス戦略担当課長 貞祐光氏、NTTドコモ スマートライフビジネス本部金融ビジネス推進部 カード営業担当部長 池田次郎氏、同部 iD企画担当課長 角田賢二氏

Apple Payの開始により、従来のAndroidに加え、キャリアを問わずiPhoneで利用できることがプラスとなった。また、「ソフトバンクカード」への採用をはじめ、ドコモ以外の携帯キャリア契約者の利用も増えていると考えている。Apple Payは設定が非常に簡易であり、ITリテラシーの低い人も含め、幅広い人々に利用してもらえるのではないかと期待している。

「iD」はApple Payの支払いに対応(NTTドコモのWebサイト)

なお、今回のApple Pay対応で注目されるパーソナライズやプロビジョニングのルールだ。本件については、「Apple Payにおける技術的な仕組みについてはAppleにお尋ねください」ということだった。

そのほか、全件オンラインによるサーバー型プリペイド」のサービスを提供できるのがiDのネットワークの特徴だ。「例えば、「dカード プリペイド」やバークレーヴァウチャーズの「チケットレストラン・タッチ」は『全件オンライン』の仕組みで提供されています」と、NTTドコモ スマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部 ビジネス戦略担当課長 貞祐光氏は話す。また、同部 iD企画担当課長 角田賢二氏も「iDのさらなる推進において、よい環境が整ってきました」と笑顔を見せる。

「dカード プリペイド」の通常カード(左)。「dカード プリペイド」の開始を記念し、先着10万枚は初回限定のポインコデザインカード(右)を発行

3月から4月にかけ、iDの会員獲得機会・取扱高増加の見込まれる新生活需要期を迎えるため、現状の拡大基調をさらに継続させていたきいとしている。また、「iD」は女性ユーザーが増えているため、親和性の高いドラッグストアへの営業を強化していきたいとしている。

「dカード」はゴールド会員の会員が順調に増加
2016年10月から入会審査で即時審査、即時利用に変更

さらに、ドコモの提供するクレジットサービス「DCMX」をリニューアルし、dポイントカードにクレジット決済機能を搭載した「dカード」(ブランドはVisa/Mastercard)の受付を2015年11月20日からスタートしており、旧カード時代を含めると10周年を迎えた。dカードは、VisaとMastercardブランドのカードが発行されており、おサイフケータイで「iD」として利用することも可能だ。また、携帯料金と一緒に請求される「dカード mini」は3万円まで利用できる。「dカード」は、2016年3月末で1,643万会員だったが、12月で1,730万人、ゴールドは200万人となっている。

会員獲得は全国2,400のドコモショップで実施。NTTドコモ スマートライフビジネス本部金融ビジネス推進部 カード営業担当部長 池田次郎氏は、「携帯電話のお申し込みと一緒に会員を獲得できるため、毎年100万会員を獲得しています。特に10%還元となるゴールドカードの会員を爆発的に獲得できています」と成果を口にする。

「dカード」はゴールドカードの会員数の伸びが好調

ポイント制度も2015年12月にdポイントに変更し、カードのポイントは請求書ベースだったものが、利用ベースに変更された。また、2016年10月から入会審査で即時審査、即時利用に変え、当日からカードを利用することが可能となった。dカードはドコモショップやWebサイトで最短5分ほどでカードを契約することができ、dカードアプリからわずか数ステップの設定をするだけで当日からiDが利用可能だ。利用促進については、携帯キャリアのため、携帯メールを送信できる強みを生かして、展開している。

dカードの特徴として、入会後、最初に使用する店舗においての利用が多いそうだ。また、カードにiD機能をつけているので利用率は伸びている。コンビニエンスストアやスーパーを中心に利用されており、「iDを扱っているお店でVisaとMastercardのクレジットカードの利用は同程度ですが、iDを扱っている店舗は2倍くらい売上がオンされています」と池田氏は話す。dカードでは、2015年6月にローソンと提携して、大幅なポイント還元戦略を打ち出した。それもあり、DCMXカードと比べて、女性の利用の申し込みや利用が伸びており、底辺が広がりつつある。

Apple Pay開始後の「dカード」の申し込み状況は?
dポイント5倍などのキャンペーンを実施

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop