中国モバイル決済利用者31%アップ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月6日9:00

中国産業情報省の関連団体CINICによると、2016年のモバイル決済利用者は4.69億人で、前年対比31%増となった。

 

2016年のモバイル登録者数は6.95億人。そのうち68%がモバイル決済を利用していることがわかった。登録者数の伸びは年間10%だった。

 

モバイル決済を牽引しているのはAlipayとWeChatPay。しかし、中国政府はこれらに対し規制を強化。プリペイド口座の顧客資金を勝手に使えなくする。

 

両社の決済金額を合わせると100兆円を超える。当局はこれを野放しにできないと考えた。

 

日本の資金決済法と同様、資金の保全が義務づけられる。金利を生まない省運営の口座に預けなければならない。

 

規制強化は当然のことなのだが、両社の決済は顧客利便性に優れている。勢いが止まることはない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop