Apple Pay500%UP(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月9日14:53

2016年12月期、アップルがスマートフォンのシェアで世界一に返り咲いたが、Apple Payも好調だ。

 

1年間で利用者数は3倍。12月期だけで、トランザクション件数は数億件、利用金額は数十億ドルになったと発表した。

 

年間でみると、トランザクション件数は前年対比500%。成長要因は日本やロシア、ニュージーランド、スペインへの参入だ。現在Apple Payが使えるのは13カ国である。

 

ウェブでのApple Pay利用も拡大要因のひとつ。インチュイットのQuickBooksやFreshBookなどを通じ、200万人近くのスモールビジネスがアップで請求書支払いを受け付けている。

 

2017年第1四半期からは、放送通信のコムキャストでもApple Payで請求支払いができるようになる。利用はフリクションレス、シングルタッチでApple Payが使える。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop