モバイルの店内利用1位に輝いたのは(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月13日9:00

0歳から11歳も含め、米国のモバイル普及率は81.4%。ショッピングにモバイルは欠かせないツールになってきた。

 

最近では店舗内ショッピングでのモバイル利用が増えている。今までショップ内でカメラを使用すると、店員が注意しに飛んできたものだ。

 

スマートフォンのカメラで商品をスキャンしたり、オンラインで価格比較したり、というのは当たり前の風景になった。店内ショッピングにモバイルは欠かせない。

 

そこで、米国のモバイルソリューション提供会社DMIは、どの小売がモバイル利用環境を整備しているかをシークレット調査した。120社のトップ小売とストアに来店した消費者が対象だ。

 

1位に輝いたのは、ホームデポ。スコアは131で、昨年のトップスコアより20ポイント高かった。2位はメイシーズ、3位はノードストロム、4位はウォルグリーンズ、5位はセフォラだった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop