英国初の指静脈決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月15日9:00

パブやバー、小売店での支払いを指1本ですませよう、というチャレンジがはじまった。サービス名はフィンゴペイ(FingoPay)。生体認証のストラー(Sthaler)が提供する。

 

指をリーダに挿入すると、利用者の指静脈の3Dマップを作成。個人認証の鍵を生成する。

 

その後、個人データや支払方法を登録して利用する。利用時はリーダに指を差し込むだけで決済が完了。ビールやお酒が飲める。

 

2015年11月から英国のワールドペイ従業員でテストを開始。今回一般開放となった。

 

この技術は日立からライセンスを受けて開発したものだ。日本の技術が世界に広まるのはうれしい。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop