Apple Pay加盟店全米小売の36%(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月22日9:00

Apple Payがじわじわと米国中に浸透している。コンサルティングのボストンリテール(Boston Retail Partners)によると、米小売店舗の36%がApple Payを受付けていることがわかった。

 

昨年は16%だったから、倍以上にアクセプタンスが拡大した。今後12カ月以内にApple Payを導入したいという小売も22%いた。調査対象は北米トップ小売500社。

 

PayPalも頑張っている。すでにPayPalを受付けている小売は34%。今後12カ月以内に導入したいというところは21%だった。PayPalはVisaやMasterCardとも提携、国際ブランドのNFC加盟店でも使えるようにしている。

 

3位はMasterCardのPayPass。4位はAndroid Pay、5位はVisa Checkout、6位はSamsung Pay、7位にChase Payが入った。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop