IBMとVisaが協業でIoT決済へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年2月24日9:00

車や家電、衣類やアクセサリーなどすべてのものがインターネットと繋がるようになってきた。アマゾンはいち早くこの状況を見越して、クラウドサービスや音声認識応答のAlexaをオープンソースとして提供している。

 

アマゾンやグーグルに負けられないとばかり、IBMはコグニティブコンピューティングのWatsonを全面に押し出して、Visaと提携することになった。

 

今後5年間でIoTは200億の機器と接続すると予測。その機器でVisaを受付けられるようにすることでIBMとVisaが合意した。

 

現在世界中の6,000社がIBM Watsonのプラットフォームを利用しているが、それらの企業の顧客は数百万の機器とつながっている。ここにIBM Cloudを通じVisaの決済サービスを提供する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop