BBVAの減損処理とフィンテック投資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月1日9:00

スペインに本拠を構えるメガバンクBBVAは2016年第4四半期の決算で6,000万ドルの減損処理をした。投資価値が激減しているからだ。

 

2014年、米国のネオバンクと呼ばれるシンプル(Simple)を1.17億ドルで買収した。このシンプルが機能していない。赤字を積み上げているようだ。

 

これからはデジタルの時代とばかり、新しいビジネスモデルに興味をもったBBVAは、当時まだ10万人の顧客しかいなかったシンプルを買収したのである。

 

顧客ひとり当たりの獲得コストは1,170ドル。そこまでして本当にシンプルを買収する価値があったのか。という声が上がっている。これまでの減損処理を加えると、トータル9,000万ドルになるのだ。

 

シンプルを買収した当時の従業員数は90人。現在は350人に膨れ上がっている。それでもまだ収益アップは見込めそうもない。シンプルはいま、どこを目指そうとしているのだろうか。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop