中国P2P融資が危ない(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月7日9:00

中国のP2P融資が危ない。貸倒れが急増しているのだ。北京金融庁など政府当局は、2017年にP2P融資の90%は生き残りが厳しいとみている。

 

2017年3月7日9:00

中国には約5,000社のP2P融資会社があるが、2016年末に導入された規制に対応できるのは500社しかいない。

 

規制内容には資金の保全、投資家からの預金利用状況の完全開示、そして規制当局の審査が含まれている。この審査に合格しないP2P融資は強制的に処分される。

 

米国ではレンディングクラブヤオンデックキャピタルの貸倒れが急増し、投資家離れを招いている。中国でも同様の事態に突入しそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop