インド政府QRコード決済を推進(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月7日9:00

インド政府はモバイル決済のBharatQRをスタートした。QRコードをベースにしたモバイル決済である。

 

マーチャントは特別な決済端末を用意することなく、モバイル決済を受付けられるのが特色。利用者もモバイル機器があれば、QRコードで簡単に決済できる。

 

BharatQRは政府主導のモバイル決済で、MasterCardやVisa、インド独自の決済RuPayが開発した。まずムンバイでスタートし全国に展開する。

 

インド最大のモバイル決済Paytmは9億ドルを投資して新QR決済を開発。すでに300万加盟店を獲得し、2017年末までに1,000万店舗をめざしている。

 

インドではNFC非接触決済よりQR決済の普及がはやい。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop