フィンテック投資でアジアが米国に肉薄(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月8日12:53

2016年、フィンテック投資でアジアが米国に肉薄した。米国での投資額は55億ドル。アジア投資は54億ドルだった。

 

中でも中国投資家が48億ドルと、アジア投資の約9割を占める。投資件数は165件だった。

 

米国フィンテックへの投資額は55億ドルだが、投資件数は422件。1件あたりの投資額は中国の6割だ。調査したのはCBInsightsである。

 

世界のフィンテック投資トップ10のうち、9件が中国フィンテックへの投資。オンライン融資のLufaxが12億ドルを調達。同じくオンライン融資のJDファイナンスが10億ドルを調達している。

 

アントフィナンシャルが調達した45億ドルは、CBInsightsの調査対象から外している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop