米国クレジットカード貸倒率最悪に(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月11日9:00

2017年1月、個人信用情報会社のエクスペリアンとS&Pダウジョーンズは、消費者のクレジットカード貸倒率が過去42カ月で最悪になったと発表した。

 

1月の貸倒率は3.21%で、12月から26ベーシスポイント増えた。2013年7月以来の貸倒率だ。

 

米国を4つのブロックで分けた場合、南部の貸倒率が最も高く3.4%を超えている。ついで西部、北東部、中西部となっている。

 

なぜ貸倒が増えているのか。消費者のセンチメントがここ2年間、楽観的になっているからだという。失業率は低く、労働市場は堅調に推移している。

 

しかし、P2Pレンディングの貸倒率は6%を超えている。適度な信用創造は景気活性化につながるが、クレジットカードの使いすぎは景気の足を引っ張りかねない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop