MCがM事前注文決済拡大(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月12日9:00

ファストフードでモバイル事前注文決済の導入が進んでいる。スターバックスが先鞭をつけ、チポトレやダンキンドーナッツなどがつぎつぎに導入を決めている。

 

利用者はカウンターに並んで注文する必要がなく、レジで支払うこともない。アプリで事前に商品を選択し、支払いを済ませておけるからだ。店舗のメリットはレジの混雑解消と、取りっぱぐれがないこと。

 

ここに目をつけたのがMasterCard。オーストラリアでスタートしたモバイル注文サービスのQkr!(クイッカー)を進化させ、事前注文決済ができるようにした。それがQkr! with MasterPassである。

 

ターゲット市場はファストフードやカフェ、バー、クラブ。MasterCardの調査では、レストランの決済にかかる時間は約12分。それを事前注文決済で解消できる。スタートは2017年の夏以降となる予定だ。

 

従来のQkr!はオーストラリア以外にコロンビアや英国で使われているが、新たに6市場へ拡大した。ブラジル、カナダ、アイルランド、シンガポール、南アフリカ、そして米国である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop