ペイパルの成長エンジンはOne Touch(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月13日9:00

ペイパルの歴史上、これだけ急拡大した商品はない。というのがOne Touch(ワンタッチ)。口座番号やパスワードをわざわざ入力しなくてもいい、というスピード決済が受けて急拡大している。

 

いまや、世界で5,000万人、米国オンラインショップのトップ100社のうち75%が、ペイパルのOne Touchを使っている。

 

2016年第4四半期、ペイパルはモバイル決済で310億ドル強を処理。前年同期比53%アップという急成長を遂げた。感謝祭からサイバーマンデーまでの5日間だけで20億ドルを処理したというからすごい。モバイル決済が総決済の3分の1を占めている。

 

ペイパル成功の背景は利用者とマーチャントの両方を統括していること。マーチャントでのOne Touch導入が進めば、利用者のOne Touch利用が増える。これが好循環として回っているのだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop