「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」を発表(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

2017年3月8日21:35

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2017年3月8日に第4回本会議を開催し、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」を取りまとめた。同実行計画は、進捗状況等を踏まえ、年度ごとに内容の改善・見直しを行うこととしている。

実行計画2017では、2016年12月に第192回臨時国会において成立し、公布された割賦販売法の一部を改正する法律(加盟店におけるクレジットカード番号等の適切な管理及び不正利用の防止の義務付け等)を踏まえ、実行計画2016で示した①カード情報の保護対策、②カードの偽造防止対策(IC対応)、③ECにおける不正使用対策をベースに、その後の進捗を反映させつつ、2020年に向けてさらなる取組の推進を図るための改訂を行った(別紙1・概要別紙2・本文)。

偽造カードによる不正使用防止(カードと決済端末のIC対応)(実行計画別紙より)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop