SBPSがクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の取扱開始(サイバーセキュリティクラウド)

2017年3月9日20:08

サイバーセキュリティクラウドとソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、サイバーセキュリティクラウドのクラウド型WAF「攻撃遮断くん」を、2017年3月9日からSBPSで取り扱いを開始することで提携合意した。

提供イメージ

「攻撃遮断くん」は、 WebサイトやWebサーバへの攻撃を遮断するクラウド型WAFのセキュリティサービスとなる。サイバーセキュリティクラウド社が開発から運用、サポートまで一貫して行い、万一のトラブル時も専任の担当者が対応する。万が一、10Gbps以上の大規模なDDoS攻撃やゼロデイ攻撃による損害が発生した場合でも、サイバー保険附帯を適用することで被害のインパクトを抑えることが可能だ(WEBセキュリティタイプ・DDoSセキュリティタイプ1サイト~500kbpsプラン契約者は対象外)。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop