インジェニコがアプリ市場開設(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月15日10:50

世界最大のPOSメーカーであるインジェニコは、米国でサードパーティのアプリを販売するマーケットプレイスを開設することになった。

 

すべてのPOSが対象ではない。mPOSのテリウムテトラ群がその対象。インジェニコが開発したテリウムテトラOS上で動作するアプリをマーケットプレイスで販売する。

 

いままでPOSメーカーは、搭載するアプリを独自開発することにこだわってきた経緯がある。その戦略を転換したのが2014年。

 

欧州などではすでに2,500種類のアプリを販売している。米国進出が遅れたのはEMV対応があったため。

 

現在約150社のデベロッパーがインジェニコのマーケットプレイスに参加している。オープンプラットフォームでマーチャントのニーズにきめ細かく対応する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop