ギフトカードBizで大型合弁(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月19日9:00

米国ギフトカード市場で大きな統合が行われようとしている。世界最大の決済ソリューション会社ファーストデータ(First Data)のギフトカード部門と、車両向け決済ソリューションのフリートコア(Fleetcor)のプリペイド部門を合併するという計画が発表された。

 

ファーストデータのギフトカード部門はトランザクションワイヤレス(Transaction Wireless)とギフト(Gyft)。フリートコアのプリペイド部門はSVS(Store Value Solutions)である。

 

このふたつを合わせ、合弁会社を設立する。2016年収益は3.62億ドル。株式の持分はファーストデータが57.5%、フリートコアが残りの42.5%である。

 

2015年米国でギフトカードにロードされた金額は2,930億ドル(30兆円)を超える。合弁会社にすることによって、バーチャルギフトや国際展開などクライアントのニーズにきめ細かく対応する計画だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop