米国フィンテックCurrent360万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月22日9:00

米国のモバイル決済フィンテックが、今回はじめての調達で360億ドルを手に入れた。カレント(Current)という2015年6月21日設立のベンチャーである。

 

カレントは親離れしていない学生を対象にしたモバイル決済を提供。親の銀行口座と連携するデビットカード(プリペイド)をベースにしたサービスを開発した。

 

学生はVisaを受付けるマーチャントでカードを利用。親は子供の利用状況をモニタリングし、使い方の指導ができる。利用制限や通知機能もある。

 

今回の投資をリードしたのはExpa and Human VenturesやFuture Perfect Venturesなど。カレントは今回の調達をアプリとシステムの開発にあてる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop